プロフィールを書くときの工夫

ポイント制ではない無料出会い系サイト・・・その最大の「売り」といえば「無料」で決まり!です。
これはすなわち、気軽に利用出来る事を意味し、大勢の利用者が集う事に繋がります。
ですからポイント制出会い系サイトや、定額制出会い系サイトと比較すると、より大勢のライバルが存在する、と言えるのです。
そんな中でライバル達を蹴落として勝ち残り、女性から返事をゲットすべく、誰もがさまざまな工夫に余念がありません。

かくいう私も、女性に届けるメ-ルと自身のプロフィ-ルには独自の工夫を施していますが、
とりわけプロフィ-ルに関しては、他の大勢とは類似しない個性的なモノを掲出している自負があります。
それでも必ず返事がもらえるハズもありませんが、確率を確実にアップ出来ている事は明言出来ます。
その秘訣を特別にお話しましょう。

それは「こまめにプロフィ-ルを更新する」という事です。
無料とはいえ、プロフィ-ルを一旦掲出した後、書きかえるユ-ザ-はあまりいないと思います。
私がプロフィ-ルを書き換えるタイムん愚は、私自身が気になる女性を見つけ、相手のプロフィ-ルを見た時、
その相手の女性の趣味と自身の趣味に共通点を見出した際、なのです。
相手の趣味に関する内容を、自身のプロフィ-ルに長目に書いておくのです。
「趣味が一緒」という突破口を最大限活用するのです。

加えてメ-ルでも「趣味が一緒」だと書きますし、プロフィ-ル全体を変えてしまう訳ではありません。
この辺りは、ポイント制ではない無料出会い系サイトのメリットを活用した「技」だと思っています。
工夫出来るのは、何もメ-ルの文章やタイトルばかりでは無いのです。

タグ

サクラがいないサイトの選び方

様々な種類がある出会い系サイトですが、無料の出会い系サイトは、利用料が無料になってます。
その分、自由にメールを送ったりできるのが嬉しいですよね。

ご存じのように出会い系サイトには、サクラがとても多いです。
サクラは、男性会員をターゲットにしてメールを送信します。
そして男子から返信があれば、それがサクラの報酬になります。

サクラが打つメールは仕事であり、特に誰か男性と出会いたくて、
出会い系サイトを利用してるわけではありません。
男性会員がメールを女性に送る際の料金が、サクラが受け取る報酬となるため、
ポイント制サイトなど、有料の出会い系サイトには、必ずサクラがいると言われてます。

しかし、サクラは無料の出会い系サイトには、ほとんどいません。
何しろ無料ですから、報酬が出ないですからね。

では、有料サイトと無料サイト、どちらのサイトが出会いやすいとお思いでしょうか?
これが意外にも、お金を一円も使わない無料出会い系サイトの方なんです。

メールを使おうと、他のどの機能を使おうと、基本的に無料出会い系サイトでは料金は要りません。

ポイント消費を気にしなくてもいいので、とても快適にサイトを使う事が出来ます。

男性が料金を気にせず、心ゆくまで女性を口説ける方が、女性も楽しめますよね。
男性も、経済的負担を気にせず、女性にアプローチできます。
皆さんもぜひ、この無料出会い系サイトをお試しいただきたいと思います。

タグ

ネカマに注意しましょう

引き続き、出会い系サイト関連用語、『た行』『な行』へと説明を進めて行きましょう。

○同時登録
無料出会い系サイトでよく聞く言葉で、仮にAという無料サイトに登録した際に、自動的にBというサイトにも登録される状況を指します。
この場合、Aサイトは無料ですがサクラしかいませんので、出会いたければ高額有料Bサイトを使うように仕向ける手口です。
これら悪質サイトに登録してしまった事に気づいたなら、即退会するか利用しない事をおススメします。

○ドタキャン
土壇場のキャンセルの略語で、前日もしくは当日直前になって出会いの約束を反故にされる状況です。
「毎回約束してもドタキャンばかり」という場合、相手がサクラの可能性大です。

○ネトナン
ネットナンパを更に短縮した言葉で、インタ-ネット上で出会い系、SNS、チャット、掲示板といったツ-ルを用いてナンパする事です。

○ネカマ
男性が女性になりすます「オカマ」のネット版の事です。
出会い系以外にも掲示板などに出没し、出会い系サイトの元来の運営者以外の悪質業者が女性会員になりすまして登録混在し、
男性会員を自サイトへ誘導する手口も確認されています。
あるいは一般の男性が面白半分でこれを行うケ-スも見受けられます。
即見抜くのは至難の業ですが、妙だと僅かでも感じたのであれば手を退く事で対応出来ます。

タグ

このページの先頭へ

イメージ画像